郷ひろみは1970年代に郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎3人は新御三家(しんごさんけ)といわれ、トップアイドル歌手として活躍していました。

父は福岡県三潴郡三潴町の出身で母は福岡県糟屋郡志免町の出身です。この2人の間に長男として誕生。

父親は国鉄(現在のJR)に勤めていたが4歳の時に東京に転勤となり、JR大井町駅に隣接する当時の国鉄大井工場敷地内の社宅に転居。
子供の頃は外国人と間違われるほどの美少年だったそうです。

15歳の時にジャニーズ事務所に入り、フォーリーブスのバックダンサーとして出演していて人気に火が付き1年後の1972年にデビュー曲「男の子女の子」デデビューしこの曲がヒットし一躍トップアイドルの仲間入りしました。

ちなみに芸名はファンの声援「「レッツゴーひろみ」から「郷ひろみ」と命名。

現在は2014年に元タレントで化粧品会社OL、徳武利奈と結婚し2児の父親です。

プロフィール

本名 原武 裕美 (はらたけ ひろみ)
生年月日 1955年10月18日
出身地 福岡県須恵町、東京育ち
学校 品川区立山中小学校卒業。
品川区立伊藤中学校卒業
日本大学櫻丘高等学校→堀越高等学校
日本大学法学部 中退
身長 178cm
その他 郷ひろみオフィシャルサイト
郷ひろみオフィシャルサイト/
Sony Music Online Japan 郷ひろみ
所属事務所 バーニングプロダクション
マネージメントをエヴァーグリーン・エンタテイメントに委託し業務提携

郷ひろみの女性遍歴

2016年

現在60ですが見た目もそうですが、その辺にいる30代の男性よりもエネルギシュで若く見えるので、もてるのは当然ですね。

数々の浮名を流してきましたが一般男性なら人でなしとかあいつはろくでなしだとかになりますが「郷ひろみ」なのでその辺もゆるされる感があります。

60歳代であの体系を維持するというのは並大抵の努力ではないと思います。敬服します。

1975年

二十歳の時にロサンゼルス在住の日系人コミュニティのミス・ロサンゼルスのドロシーと交際するが3年後に破局

1985年1月

交際を公にしていた松田聖子さんが突然単独で涙の破局会見を行う。交際期間は4年間だったとのこと。

1回目の結婚、相手は二谷友里恵

二谷友里恵は俳優の二谷英明と女優の白川由美の一人娘です。

二谷英明
二谷英明
白川由美
白川由美
結婚後の2年間はニューヨークに移住し1987年に長女、1992年次女をもうけます。
長女は二谷薫子(にたにゆきこ)、次女は二谷新子(わかこ)さんです。

二谷薫子さんは日本テレビのマーケティング部門所属しているそうです。

結婚11年後の1994年4月に離婚。

離婚から6年後の2000年に家庭教師のトライの創業者である平田修と結婚し、現在は株式会社トライグループ代表取締役社長に就任しています。

二谷友里恵二谷友里恵
トライ創業者の平田修トライ創業者の平田修

2回目の結婚、相手は大根田名美

2人のニューヨーク在住の投資家、大根田勝美の娘です。大根田勝美さんとの間には子供はできませんでした。

大根田名美

3回目の結婚、相手は徳武利奈

現在の妻は元タレントで化粧品会社OLの徳武利奈さんです。
2014年6月に双子の赤ちゃんが生まれ長男を「兄(けい)」、二男を「陸(りく)」と名付けました。

徳武利奈

郷ひろみの代表曲

CDシングルは100曲、アルバムも百枚前後を発売しています。

1972年8月1日 男の子女の子
1972年11月1日 小さな体験
1972年12月21日 天使の詩
※TBS『おやじ山脈』主題歌
1973年3月1日 愛への出発
1973年6月21日 裸のビーナス
1973年9月21日 魅力のマーチ
1973年12月5日 モナリザの秘密
1974年3月21日 花とみつばち
1974年6月21日 君は特別
1974年9月21日 よろしく哀愁
※NETテレビドラマ『ちょっとしあわせ』主題歌
1974年12月21日 わるい誘惑
1975年4月21日 花のように鳥のように
1975年7月21日 誘われてフラメンコ
1975年10月21日 逢えるかもしれない
1975年12月21日 バイ・バイ・ベイビー
※ベイ・シティ・ローラーズのカヴァー
1976年2月1日 恋の弱味
1976年5月1日 20才の微熱
1976年8月1日 あなたがいたから僕がいた
1976年11月日 寒い夜明け
1977年2月1日 真夜中のヒーロー
1977年5月1日 悲しきメモリー
1977年7月21日 洪水の前
1977年9月1日 T帰郷/お化けのロック
※BSドラマ『ムー』挿入歌、樹木希林とデュエット
1977年12月5日 禁猟区
1978年3月21日 バイブレーション(胸から胸へ)
1978年5月21日 ぼくのるすばん
1978年6月21日 林檎殺人事件
※TBSドラマ『ムー一族』劇中歌、樹木希林とデュエット
1978年9月21日 ハリウッド・スキャンダル
1978年12月21日 地上の恋人
1979年3月21日 ナイヨ・ナイヨ・ナイト
1979年6月21日 いつも心に太陽を
1979年9月21日 マイレディー
※TBS主演ドラマ『家路』挿入歌
1980年1月21日 モンロー・ウォーク
1980年1月21日 禁じられた愛
1980年7月21日 How many いい顔
※カネボウ化粧品CMソング
1980年11月1日 若さのカタルシス
※TBS主演ドラマ『ミセスとぼくとセニョールと!』挿入歌
1981年2月1日 未完成
1981年5月1日 お嫁サンバ
1981年8月8日 もういちど思春期
1981年11月1日 哀愁ヒーロー Part1/Part
1982年2月1日 純情
1982年5月2日 女であれ、男であれ
1982年7月17日 哀愁のカサブランカ
※バーティ・ヒギンズの「カサブランカ」のカヴァー
1982年11月21日 哀しみの黒い瞳
※フリオ・イグレシアスののカヴァー
1983年3月5日 美貌の都
※中島みゆきがセルフカヴァー
1983年4月21日 ロマンス
※フリオ・イグレシアスのカヴァー
1983年5月12日 素敵にシンデレラ・コンプレックス
※トヨタ・カローラ(E80型)CMソング※
1983年9月1日 ほっといてくれ
1983年12月1日 シャトレ・アモーナ・ホテル
※フリオ・イグレシアスののカヴァー
1984年2月25日 2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン
※国鉄のキャンペーン・コマーシャルソング
1984年6月21日 ヤクシニー
1984年11月10日 どこまでアバンチュール/ケアレス・ウィスパー
1985年3月6日 愛のエンプティーペイジ
1985年5月22日 CHARISMA
1985年8月25日 サファイア・ブルー
※井上陽水の「WINTER WIND」のカヴァー
1985年10月21日 Cool/LABYRINTH
※両面英語詞シングル、12インチアナログ盤
1987年3月21日 千年の孤独
1988年6月1日 時をかさねたら
1989年6月21日 最終便にまにあえば
※テレビ朝日「郷ひろみの宴ターテイメント」主題歌
1990年5月12日 Wブッキング-LA CHICA DE CUBA-
※セニョーラ・ラティーナの楽曲のカヴァー
1990年10月21日 もう誰も愛さない
※日本テレビ主演ドラマ『刑事貴族』主題歌
1991年4月25日 裸のビーナス/よろしく哀愁
1991年5月22日 迷イズム
1992年5月2日 深ビーナスたちのシエスタ
※夜枠ドラマ『アルファベット2/3』主題歌
1993年1月21日 僕がどんなに君を好きか、君は知らない
※フジテレビ『正しい結婚』主題歌
1994年5月1日 言えないよ
※BS『お見合いの達人』主題歌
1995年4月21日 逢いたくてしかたない
※朝日生命CMソング
1995年6月14日 泣けばいい
※TBS『あした家族になあれ!』主題歌
1995年11月22日 なにもかも忘れない
※ローレックス専門店「青山エバンス」CMソング
1996年2月1日 どんなに君がはなれていたって/裸の夢
※BS『ママは大ピンチ!!』主題歌
1996年4月12日 く・せ・に・な・る/甘い束縛
※朝日生命のCMソング
1996年4月12日 Don’t leave you alone/いつもそばに君がいた
※朝日生命のCMソング/ISUZU「フォワード」CMソング
1997年4月21日 Zeroになれ
1997年10月1日 ゆっくり恋しよう
※日本エアシステム「東京キャンペーン」CMソング
1998年4月22日 KISSが哀しい
※フジテレビ『白衣のふたり』主題歌
1999年3月25日 男が恋に出逢うとき
1999年7月23日 GOLDFINGER ’99
※TBS日曜劇場『ヤマダ一家の辛抱』主題歌
2000年2月2日 Hallelujah,Burning Love
2000年6月21日 なかったコトにして
※サンヨー食品『NEWカップスター』のCMソング
2000年9月27日 True Love Story/さよならのKISSを忘れない
※ワコール『ポイントシェーバー』CMソング、郷ひろみ/松田聖子
2001年2月21日 Only for you-この永遠がある限り-
※日本テレビ『FACE〜見知らぬ恋人〜』主題歌
2001年6月20日 獣は裸になりたがる
※高須クリニックCMソング
2001年8月1日 フワキワキマイフレンド
※ジテレビ『はるちゃん5』主題歌
2001年11月7日 この世界のどこかに
※TBSドラマ『ひとりじゃないの』主題歌
2005年4月20日 愛より速く
※高須クリニックCMソング
2005年10月19日 君が泣ける場所になる
※雪国まいたけCMソング
2006年9月6日 LIFE
2007年5月23日 Boom Boom Boom/Come On Baby
※ダビッド・ビスバルの「Oye El Boom」のカヴァー
2007年12月5日 Good Times Bad Times
2008年5月14日 君だけを feat.童子-
2008年10月29日 ありのままでそばにいて/このメロディだけは/君だけを
2009年5月27日 男願 Groove!/強引 Love!
※エクササイズDVD『ヒップホップ・アブス』イメージソング
2009年9月2日 Get Real Love 〜GOLDFINGER’009
2010年6月9日 僕らのヒーロー
※NHK『みんなのうた』
2010年10月20日 愛してる/愛してはいけないひと
2011年6月1日 笑顔にカンパイ!
※NHK「サラリーマンNEO シーズン6」オープニングテーマ曲
2012年4月25日 デンジャラー☆
2013年5月28日 Bang Bang
2014年5月21日 99は終わらない
2015年5月20日 100の願い
東海テレビ「プラチナエイジ」

郷ひろみの出演したCM

デビューしてからCMも数十本、出演しています。

60にして髪の毛も薄くならず、普通のオヤジであればそろそろ来ても可笑しくない年なのですが、さすが郷ひろみ。
むしろ若い時よりかっこよくなった気がします。

CM雪国まいたけ

あの「うまけりゃいいのよ」というCMです。