1970~80年代に活躍した歌手で代表曲に「芽生え」「わたしの彼はひだりきき」がある。当時は人気の麻丘めぐみ、歌唱力に森昌子と言われていたほど人気がありました。

実姉がおりこの姉の影響で劇団に入ることになり3歳で子役としてデビューしていたがあまり芸能界には興味がなかったようである。先に姉が歌手活動をしていたがあまり芳しくなく、そんな折レコード会社のプロデューサーの目に留まり歌手デビューすることになりました。

このとき姉がこのままヒットが出ないと契約を切られてしまうのではないかと考え姉の為を思い歌手デビューを承諾したとのことです。

デビュー曲の「芽生え」がヒットし続いて「わたしのかれは左きき」も大ヒットし、歌手活動も順調であったがフジテレビで番組の制作をしていたワイドプロモーション所属の渡辺光男さんと22歳で結婚し長女の渡辺ひとみを出産。
渡辺光男

しかし結婚生活は長く続かず7年後に離婚して、芸能界に復帰し現在は女優をしています。

プロフィール

本名 藤井 佳代子
生年月日 1955年10月11日
出身地 大分県、大阪育ち
学校 高井戸第二小学校
杉並区富士見ヶ丘中学校
堀越高等学校→明治大学付属中野高校定時制課程卒業
血縁 姉:その昔歌手
娘 :麻丘ひとみ
その他 麻丘めぐみ 公式サイト
麻丘 ひとみ HITOMI COPAN

麻丘めぐみ

麻丘めぐみ

麻丘ひとみ(娘)

麻丘ひとみ

シングル曲

デビューから24曲のシングルをリリースしています。
麻丘めぐみといえば「わたしの彼はひだりきき」ではないでしょうか。

 

発売日/td> A面 B面
1972.06.05 芽ばえ 素晴らしき16才
1972.10.05 悲しみよこんにちは もしかしたら
1973.01.15 女の子なんだもん 見果てぬ夢
1973.04.30 森を駈ける恋人たち そよ風のテラス
1973.07.05 わたしの彼は左きき ひとりの私
1973.10.15 アルプスの少女 ヘイ・ミスター
1974.01.15 ときめき グッド・バイ
1974.04.05 白い部屋 ウェディング・ドレス
1974.09.10 悲しみのシーズン ひまわりの花
1974.12.15 雪の中の二人 恋にゆれて
1975.03.05 水色のページ 風邪をひいた彼
1975.06.05 恋のあやとり すみれの便箋
1975.08.15 美しく燃えながら 夏の終わりに来た手紙
1975.10.25 白い微笑 青いコーヒー・カップ
1976.02.05 卒業 20才
1976.06.05 夏八景 黄昏のテラス
1976.09.05 夜霧の出来事 風暦
1977.01.25 銀世界 映画のあとで
1977.10.05 ねえ 原宿グラフィティ
1984.05.25 あいたいよ 夢のつづき
1985.05.25 京都哀愁 ヨコハマ慕情
1986.08.21 離婚美人 芦屋の雨
1991.09.25 やさしくしないで 返して…
2009.02.25 Cue